関東からもおいしい牛肉を食べるために足を運ぶ牛銀本店

牛銀本店に行ってきました。 お店は三重県松阪市の魚町にあり、市内でも指折りの老舗です。

県外からも多くのお客さんが訪れている人気のお店で、関西地方だけでなく、関東からもおいしい牛肉を食べるために、足を運んでいます。

私が今回、このお店を訪れようと思ったのは、かねてからおいしい牛肉を食べさせてくれる名店であるということを知っていたからで、一度は食べてみたいという長年の夢をかなえるために、お店まで食べに行きました。

お店から最寄の駅はJRの松阪駅で、私の場合には関東から行ったので、東海道新幹線でまず名古屋まで行きました。

名古屋から関西本線に乗り換えて、亀山という駅でもう一度乗り換えをしました。

乗ったのは紀伊本線という路線で、亀山から7つ目の駅が松阪駅です。

松阪駅からは近鉄大阪線も利用でき、私も店舗で食事を楽しんだ後、大阪方面に向かうために利用しました。

店舗はJRの松阪駅から北西の方角にあります。

松阪駅の東西を通っている道路を西の方角に進み、3つ目の大きい交差点を右折して、しばらく直進した場所の左手に店舗があります。

店舗のすぐ南側には洋食屋牛銀というお店があり、こちらは洋食を専門に出している牛銀の姉妹店です。

お店は朝の11時から夜の20時まで営業していて、私が行ったのは夕食の時間より少し前の17時ごろでした。

なお、営業しているのは20時までですが、店内に入れるのは18時45分までで、オーダーができるのは19時までなので、これから食べに行こうと思っている人はあらかじめ注意が必要です。

お店は月曜日が定休日ですが、月曜日が祝日の場合には、同じ週の木曜日が定休日になります。

私が行ったのは金曜日だったのですが、平日でも店内では多くのお客さんが食事をしていました。

私は友達2人と合計3人で行ったのですが、店内で食事をするためには、2名以上の来店が必要であるという決まりがあります。

私たちがまず注文したのは、名物料理であるすき焼きです。

牛銀本店で食べられるすき焼きには5つのコースがあり、コースによってそれぞれ内容や料金が大きく違っています。

1番高級なのが寿[特選]で税込み19,723円の料金です。

料金の中にはサービス料も含まれています。

2番目に高級なのが楽[特選]で17,303円の料金です。

リーズナブルな料金ですき焼きが食べられるコースもあり、橘は13,673円の料金です。

さらに安いコースもあり、松は11,253円で、一番低額な梅は8,833円ですき焼きを楽しめるコースです。

初めてお店に来た私たちは、どのコースに使用か迷ったのですが、せっかく遠いところから食べに来たので、旅の記念のために、一番高級な寿[特選]コースのすき焼きを注文することにしました。

1人前あたり140キログラムの松坂牛を食べることができるのが、このお店のすき焼きの魅力で、私たちもすき焼き用の鍋が運ばれてくると、期待に胸がふくらみました。

このお店のすき焼きは割下を使わないで作るのが大きな特徴で、加熱した鍋に牛の脂を塗ると、脂の良い匂いが食欲をかきたてました。

脂の上に直接肉を乗せて焼くので、肉にじっくりと加熱されていくのがわかりました。

焼きあがった肉は砂糖としょう油で味付けされて、しょう油と砂糖の甘い香りが、牛肉の焼けた匂いと合わさって、私たちの我慢も限界に達しました。

私は焼きあがったお肉を溶き卵にからませてから口の中に入れたのですが、一口食べて驚いたのは、お肉が非常にやわらかかったことです。

今まで食べてきた牛肉がとても同じ牛肉とは思えないほどやわらかく、口の中でそのまま溶けてしまいそうでした。

脂がおいしいのも松坂牛の特徴で、脂が口の中の温度で自然に溶けていくのも、高級な牛肉ならではのおいしさです。

私は続けざまに何枚かお肉を食べたのですが、鍋の中に一緒に入っている野菜も口直しに食べてみようと思いました。

牛銀のすき焼きに入っている野菜は玉ねぎや三つ葉などの野菜です。

牛と一緒に煮込まれているので、玉ねぎにも牛のうまみが染みわたっていて、今まで食べたことがないほど、おいしい玉ねぎでした。

牛肉の味が染みとおった豆腐も食べごたえがあり、私はお肉だけでなく、玉ねぎや豆腐なども含めて牛銀のすき焼きが好きになりました。

すき焼きを食べ終えた私たちは、まだおなかに余裕があったので、別のメニューを注文することにしました。

頼んだのは汐ちりという牛銀独自のメニューで、おいしい牛肉が食べられるのはすき焼きと共通していますが、違っているのは味付けの方法です。

汐ちりは、甘い味付けが苦手な人のために砂糖を使わないで味をつけているのが特徴で、使用されているのは、白しょうゆと昆布だしと白こしょうです。

あっさりとした味付けなので、牛肉の濃厚な味ともマッチしていて、すき焼きを食べた後なのに、私たちは気づかないうちに全て食べきってしまいました。

■コンテンツ■

特定商取引法に基づく表記